脱毛

顔の永久脱毛は産毛なのでレーザー脱毛はなかなか効きにくいのだそうです。
なぜならレーザーは黒い色素に反応するからです。
産毛の毛が細ければ細いほどレーザー脱毛は難しくなります。

 

レーザー脱毛ではなく、
光の波長で毛包を焼いて脱毛する方法(フラッシュプラズマ脱毛・IPL脱毛・コスモライト脱毛)はエステサロンでよく使用されている脱毛方法で、美白効果も期待できるものもあり、これが顔脱毛には向いているようです。
また光脱毛はレーザー脱毛と比べる痛みも料金も処理にかかる時間も少ないようです。

続きを読む≫ 2014/11/28 11:57:28

ダンディハウス(誤:ダンディーハウス)はCMにリチャード・ギアを採用したりと脱毛だけでなく痩身・美顔などのメンズエステにおいてものすごく人気のあるサロンですね。

 

中でもダンディハウスで一番人気があるのは、
やはり「ひげ脱毛」だそうです。

 

ダンディハウスのひげ脱毛は、
20年間以上の実績と業界NO.1の高い技術力だとか。
☆鼻の下だけ残して整えたり、
☆頬や首の不要な部分だけを無くして整えることや、
☆全体的に間引いて薄くする
といったケースが多いようです。

 

料金は30分:7,875円だそうで、
先着で無料体験ができます(3/31まで申し込み)

 

1本1本行う電気脱毛の方法のようです。

続きを読む≫ 2014/11/28 11:56:28

脱毛といえばエステサロンで行うもの、という感じがしますが、
昭和59年3月22日に(当時の)厚生省より「電気脱毛は医療行為である」という見解が発表されました。

 

レーザー脱毛も同様に平成12年11月16日に「レーザー脱毛は医療行為である」 との通達が出ました。

 

 

万が一のトラブルにも対応できるのは医療行為を行える「医療機関での脱毛」のメリットですが、医療機関で行う脱毛だからと言って100%安全とも言い切れません。
まだまだ脱毛の知識や技術に乏しい医療機関も多いからです。

 

 

このことから最近では脱毛に力を入れている「皮膚科」や「美容皮膚科」「美容外科」「美容形成外科」が増えてきたようです。

 

医療レーザーにもアレキサンドライトレーザーを使っている所やダイオードレーザーを使っている所、またはアレキサンドライトとダイオードを両方使い分けている所などがあります。

続きを読む≫ 2014/11/28 11:55:28

ひげの脱毛!と言えば男性。
数回の通院で毎朝のヒゲの処理にかかる労力・時間をグンと減らすことが出来るんです。
医療レーザーもいいけど、メンズエステだと「メンズ」と名前が付いてる分、行きやすいかもしれませんね。

 

年齢層は意外と30代半ばをすぎた方が多いようです。

 

20代の若いうちの方がヒゲの脱毛やりそうなイメージですが、ヒゲの脱毛は回数がかかるので若いうちではお金が無いということでしょうか?

 

 

レーザー脱毛の場合、最初の3回目くらいまではヒゲがまだ濃く、レーザーの反応が強い為、痛みが出ることが多いです。
そんな場合は塗るタイプの麻酔薬を使うこともできます。
全部で5回〜10回くらいの通院

 

 

★ヒゲ脱毛はこんな方にお薦め
・ヒゲが濃くて、剃った跡が青くなっている
・朝のヒゲ剃りに時間がかかる
・朝のヒゲ剃りの時間がもったいない!
・よくカミソリ負けする
・オシャレにヒゲを生やしたいのである程度薄くしたい

 

男性脱毛はヒゲだけではありません。
胸毛や腕・手・足の毛で悩む人も多いのです。

 

・胸毛
Tシャツからはみでる胸毛がイヤという言う理由でレーザー脱毛を受ける男性が多い
乳輪の脱毛も可能

 

・腕,手の甲,指
この部位の脱毛を受けるのは接客業の人が多い
腕毛が長袖の手首の部分からはみ出しているのが気になったり、手の甲や指は人目につきやすいことから脱毛する人が多いようです

 

・腹毛
ローライズや水着を着るために脱毛を受けるようです

 

その他、足毛や背中の毛も脱毛できます。

 

続きを読む≫ 2014/11/28 11:54:28

■レーザー脱毛

 

・ルビーレーザー
メラニン色素の少ない白人向きで、黄色人種ではメラニンへの吸収が強く熱傷を起こしやすい。

 

・アレキサンドライトレーザー
現在でも使用されているレーザー脱毛器の一つ。
冷却ガスとともにレーザーが照射されるタイプのものは痛みが少ない。

 

・ダイオードレーザー
アレキサンドライトレーザーより痛みや効果がやや優れているとも言われている。

 

・YAGレーザー
上記のレーザーよりメラニンへの吸収率が低いが、日焼けした肌には安全性が高いと言われている。
しかし脱毛効果の症例は少ない。

 

■電気針脱毛

 

・電気分解法(熱解離法)
細い針を毛包に挿入して、電流を流すことにより発毛組織を破壊して脱毛するという方法
レーザーより歴史の古い脱毛法。
毛穴一つ一つを処理するため、手間と時間がかかるが確実性は高いと思われる。
しかし施術者の技術によるものが大きく、感染症や熱傷の副作用はレーザーより多い。

 

・高周波脱毛法
高周波の加熱作用で発毛組織を凝固させ脱毛するという方法。
電気分解法よりも処理時間は早いが、確実性は低いと思われる。

 

・ブレンド脱毛
電気分解法+高周波脱毛法を合わせた方法。
毛包に針を挿入し、微量の電流と高周波を同時に流し、発毛組織を破壊して脱毛する。

 

■光脱毛

 

・フラッシュプラズマ脱毛
・IPL脱毛
・コスモライト脱毛など

 

レーザーと同じ原理で、光の波長でメラニンに働きかけ毛の再生組織を破壊して脱毛する。
本来レーザー脱毛器はエステサロンでは使用してはならないものなので、(レーザー脱毛器は病院でしか使えない)エステサロンで光脱毛が行われるケースが増加している。
レーザーのような永久脱毛効果かあるかはまだはっきりしない部分がありますが、産毛の脱毛に関してはレーザー脱毛より効果があるようで美白効果もあるものもあり、顔脱毛に向いているようです。

続きを読む≫ 2014/11/28 11:53:28